凸凹コンビの暮らしは何とか続いています。

アルツハイマーの母と

きんジストロフィーの兄

 

凸凹コンビの暮らしは何とか続いている。

 

1ヶ月に一回

旦那と高速で1時間半くらいかけて

様子を見に行く。

 

18:00到着

鍵開いてるよ〜!

 

いつもの様に、鍵が開いたまま!

物騒な世の中だというのに・・・

もしかすると夜中もそのままかも・・・

 

今日はさくら珈琲の

シフォンケーキを買って行った。

www.sakura-coffee.jp

f:id:g-ninetyone:20181013201634j:plain

早速むしゃむしゃ幸せそうに食べる母。

 

最近は食べた事を忘れて

何でもどんどん食べちゃうらしい

数日前には1日に柿を5個も食べて

記録更新した母

 

少しづつアルツハイマーは進んでいる。

 

定期的にヘルパーさんが来てくれるらしく、

母の部屋以外のお掃除や家事ををしてもらう様子。

 

アルツハイマーの母は

物が無くなると思い込んで、掃除を断る。

最近はヘルパーさんに、家の物を持って帰らないでと文句まで言うらしい。

 

ヘルパーさん、ごめんなさい!

 

毎日

あれがないこれがないと・・・

アルツハイマー特有の症状で兄を悩ませている。

 

実は数年前に2人の為に増築して、同居していた...

車椅子のまま入れるお風呂やトイレ

床暖の部屋。

何もさせないとアルツハイマーが進むのではと、

花の水やりだけお願いした。

 

凸凹コンビは

兄は、最寄りの駅までバスじゃないと行けないのが不便だったり・・・

母は、タバコの灰を家中に落とす事を指摘されるのが嫌だったのか・・・

駅まで近い障害者用の公営住宅を見つけて引越した。

 

今や、増築した部屋は素焼きチップスの作業部屋

素焼きチップスとは? - SUYAKI CHIPS

 

私達には増築のローンと生活費の支援、二重の出費がドカンとのしかかる...

 

もう一つあった!

母の部屋のお掃除も...

 

最近は喧嘩ばかりしているらしい

せめて仲良く暮らして欲しいなぁ・・・

 

 

ありがとうございました💜